債務整理にかかる弁護士費用とは

2016/10/25

債務整理などを検討する時に気になるのが、法律事務所などに依頼した場合の手数料です。言うまでもなく、ただでさえ借金地獄で苦しんでいるのに、払えるお金などないケースがほとんどだからです。ただし、借金問題で債務整理をするケースでは、ほとんどの依頼者がお金はない状況なので全く気にする必要ないと言えます。

まず、最初の一歩が大切で早めに相談することが重要です。ほとんどの法律事務所で初回相談は無料となっていますので、問題解決できるのか相談してみることが重要です。場合によっては、いくつかの事務所で相談してみてもよいでしょう。債務整理をすると決めて弁護士などの代理人に依頼をすると、その時点から返済義務がなくなり、取り立てなども無くなることになります。連絡などもすべて依頼した法律事務所などに行くことになりますので、自宅には金融業者からは一切の連絡が来なくなります。

自己破産の場合には、すべての借金が免責されますので、そのまま借金はゼロとなります。従って、返済予定であったお金を弁護士費用に充てることで大半は事足ります。任意整理などの場合には、業者と交渉後の減額された借金を返済していくことになります。弁護士費用が発生した場合でも、依頼者にお金がないことは充分理解していますので、無理のない範囲での分割払いなどに応じてもらえます。

●法律事務所に依頼するメリット

このように、知識がないために本来しなくてもよい苦労をしているというのが借金問題の特徴ともいえます。こんな時に大変役に立つのが法律事務所です。

債務整理に熟練した弁護士であれば、懇切丁寧に法的な説明をしてくれ、どのような行動を起こすことで問題解決できるかを教えてくれます。ほとんどの依頼者が、なぜもっと早く相談しなかったのかと後悔しているケースが非常に多いのです。

過払い金返還請求などの比較的簡単な債務整理であれば、経費節約ということで自分で行うことも可能ですが、その場合でも金融業者との交渉などがある場合には、交渉次第で返還される金額が変わることもあります。また、自己破産のケースでは、法律事務所に依頼することで誰にも知られずに債務整理できることもあります。

債務整理を検討する状況では、お金がないのでなるべく自分でなりたいと考える人も多いのですが、結局は法律の専門家に依頼したほうがほとんどの場合で安上がりになります。