兄弟間の相続問題

2016/10/05

現在私は実家の相続問題について悩んでおります。

私は長男で、実家には八十代の母のみが住んでおります。実家の相続について漠然とした不安を抱えております。

父は五年ほど前に亡くなりました。七十代だったので足腰が弱かったためか、道で転んでしまい骨折してしまいました。そこからあっという間に弱ってしまいとうとう亡くなってしまったのです。

私は三人兄弟で、弟と妹がいます。父の入院中は私と妻が足しげく見舞いに行き、三人の中では一番父に会っていたと思います。また、母の様子を見るためにその都度実家にも戻り、食事の準備などできることはしていました。

ところが、父の死後他の兄弟が何やら怪しい動きをしているのです。まず不信感を持ったのは妹が母の通帳を管理しているということでした。しかも私はこの話を親戚から聞いたのです。

母と妹からの報告は一切ありませんでした。次に弟が父の持っていた土地をどうにかしようとしているようなのです。田舎ですのである程度の土地があり、母の死後はそれらを三等分しようと話し合っていたのです。

これらのことから、私は母の死後、遺産を彼らに根こそぎとられてしまうのではないかと心配で仕方がありません。しかし何をされても彼らが法律に触れるような悪事を働いているのかどうかも分からず、ただただ不安です。

このような場合私はどのような対策を取れば良いのか教えていただきたいです。