お金に関する借金や過払い金請求で弁護士を立てるメリットとは

2016/08/31

借金の問題と言えば弁護士や司法書士など法律のプロである専門家に依頼する事で解決できる事は知られていますが、では具体的にどのような方法で解決に導いてくれるかについて見ていきましょう。

まず借金の問題で弁護士が取る方法に任意整理というものがありこれには自己破産や毎月の返済額を減らせたり、過払い金請求で貸金業法や利息制限法が改正された後の金利で引き直し計算を行う事で返済するどころか逆に払い過ぎたお金が返還されたりというメリットがあるのです。

過払い金請求では弁護士を立てず個人で行う事も可能ですがまず和解交渉にての提示額を2~3割ほど低く設定されているのが相場で、素人だからと極端に低い和解額を提示してくる業者も存在するなど高いハードルが待ち構えているのが現状です。

やはり専門家である弁護士に依頼することで訴訟に持ち込んだ際でも満額返還を受けられたり5%の利息を付けて請求できるなどのメリットもあり、書類作成や裁判への出廷など自分で何もする必要はなく全てをお任せする事ができるのです。

スピードを重視すれば7~8割の和解案の提示で成立することもあり2~3か月で返還を受ける事もできますが、ほぼ100%に近い回収率と長期に渡る労力や法律の知識が必要となる事を考慮すればやはり個人で行うのではなく、実績、信頼ある弁護士に依頼する事で満足する結果となりますのでまずは弁護士事務所で無料相談を行う事をお勧めします。